スポンサーリンク

キャデラックの歴史

シェアする

キャデラックの歴史を紹介します。

キャデラックの歴史

ロールス・ロイスやメルセデスベンツ、そしてキャデラックと同じアメリカのリンカーンなどと並んで世界を代表する高級車のブランドとして知られています。

またアメリカ大統領の専用車としても有名でウッドロウ・ウィルソンの時代から現在のバラク・オバマ大統領にも使われています。

他にも多数の国で王族や貴族、政府関係者の専用車としても採用されています。

1899年にキャデラックの前身となるヘンリー・フォード・カンパニーが設立される。

その後、デトロイトを開拓したフランス貴族アントワーヌ・ロメ・ドゥ・ラ・モト・スィゥール・ドゥ・カディヤック (Antoine Laumet de La Mothe, sieur de Cadillac) に因んで社名とブランドを「キャデラック」に変更され今日まで続いている。

キャデラックブランドとして1902年10月に一号車を完成し、1903年から自動車の本格生産を開始した。

キャデラックは高品質であるだけでなく、黎明期には手作りで作られていた自動車の欠点であった部品互換性の悪さを最初に克服した自動車の一つとなった。

1908年には、イギリスのイギリス王立自動車クラブ(RAC)による部品互換性テストに合格して、RACから「デュワー・トロフィー」を受賞している。

1909年にゼネラル・モーターズ(GM)の設立者である、ウィリアム・C・デュラントの呼び掛けに応じてGMグループ入りし、以後はGMの最高級レンジを担うブランドとして生産されています。

キャデラックの特徴として、古くより先進技術を積極的に取り入れたことが挙げられます。

特に、世界初の実用的なセルフスターターの搭載(1912年)は有名です。

他にも、

・世界初の量産V型8気筒エンジンやV型16気筒エンジン

・シンクロメッシュ・ギアボックス

・ダブルウィッシュボーン式前輪独立懸架の実用化

・パワーステアリング

・ヘッドランプの自動調光システム

・エア・コンディショナーの搭載

など、近代の乗用車の技術革新を牽引し、これらの新技術はのちにヨーロッパや日本をはじめとする世界各国の自動車会社が後を追って導入するようになった。

キャデラックは世界で唯一「デュワー・トロフィー」を2回受賞した会社でもあります。

キャデラックは長い間、アメリカ本国の市場がメインで、正規の輸出はアジア諸国と中東のみでした。

1990年代後半からヨーロッパ諸国への本格的な進出も始めました。

(それまでもイギリス・フランス・ドイツなどに並行輸入されていた)

そしてそれと時を同じくして日本やイギリスに右ハンドル仕様のセビィルを投入して話題となりました。

2000年代には中国とロシアにも進出

2007年には南アフリカ共和国に進出

スポンサーリンク

シェアする