キャデラックエスカレードの全て

実際に2006年式のキャデラックエスカレードESVに乗る管理人が運営するキャデラックエスカレードのサイトです。

・2006年式のキャデラックエスカレードESV(個人輸入)
・1991年式サバーバン4WDディーゼル(新車並行)
・JA71C ジムニー幌(ボロ)
・L700系ミラバン
に乗っています。

18歳で初めて車を買った時から20年間GM車一筋。

メンテナンスやカスタムは基本的に自分でやっているのでやり方や色んな情報を発信していきたいと思います。

エスカレードに限らず同じ年式のサバーバンやタホ、CKピックアップやアバランチなんかはほとんど構造が同じなので、

メンテナンス情報は他のシボレーのフルサイズのアメ車にも役立つかと思います。

サバーバンの燃料フィルターを交換!!

サバーバンのメンテナンス
スポンサーリンク

こんばんは!

先日サバーバンのウォーターインフューエルの警告が点いたのでさっそく燃料フィルターを交換しました!!

古い&デカい車なのでエンジンルーム内はスカスカです。

 

燃料フィルターは真ん中のシルバーのこれです。

 

まずは燃料フィルターの中の燃料を抜きます。

写真の上部のバッテンのつまみを緩めましょう。

手で緩めれます。

ここはエアー抜きのプラグ。

 

続いて写真が分かりにくいのですが、

燃料フィルターの運転席側の下の方にも同じつまみがあるので緩めます。

こっちはウォータードレンプラグ。

 

緩めると燃料と水が出てくるので何か受ける物を入れておきましょう。

僕は使い捨てのコップを置いてます。

 

ウォータードレンプラグを緩めると水と燃料が漏れてきます。

 

分かりにくいですが、

下の方に確かに水が入っているのが分かります。

これくらいの量でちゃんとセンサーが反応しているのですね!

 

これで燃料フィルターを外せます。

燃料フィルター自体は上と下のクリップみたいなので止まっているだけなので簡単に外せます。

※けっこう固かったです

 

そして新しい燃料フィルターを装着。

 

続いてエアー抜きをします。

内径3mmのホースをここに挿します。

写真ではエアープラグが開いてますがウォータードレンプラグとエアープラグを閉めます。

 

ホースから燃料が出てくるので何かで受けます。

僕はスミノフの瓶で受けました。

※これをやらないとエンジンルーム内が軽油まみれになるので必須作業です

 

そして燃料キャップを開けます。

空気が通るように。

 

そしてクランキング。

5秒×3回くらいで僕はエンジンがすんなりかかりました!

あんまり長くクランキングしすぎるとスターターモーターに悪いので何度か小分けにしてやりましょう!!

 

以上で燃料フィルターの交換は終了です!!

無事に、「ウォーターインフューエル」の警告ランプも消えてすっきりです!!

 

 

 

 

コメント